秘書検定2級を取った理由

社会人になった時、しっかりとしたビジネスマナーを身に付けておきたい。
若いからって甘く見てほしくない。
そんな理由から取ったみたい。

 

秘書検定は3級から1級まであるけど、受験資格が特にないので取ろうと思えば極端な話赤ちゃんでも取れる。
妹は高校卒業前に2級に合格してた。

 

秘書検定と言っても、内容には社会的な常識から経営、財務など幅広く学ばないと合格はできない。
このことについては妹も意外だったらしくて、かなり苦戦してたと思う。
3ヶ月くらいずっと部屋に篭ってばっかりだったの覚えてる。
その頃自分が忙しかったのもあって妹のことあまり見てなかったから、期間はもっと長かったりしたかもしれないけど。

 

とりあえず無事3級、2級と合格した妹だけど、ネイルと違ってすぐに役に立ったりとかはなさそうだった。
そりゃ就職しない限りは滅多に役に立つような知識ではないだろう。
かと言って、妹は取ったことを後悔してる様子は全くない。
こうなることをわかった上で受験したからだろう。

 

もちろん、秘書検定と言うからにはメインとなる内容は秘書として上司をサポートするために必要な知識だ。
調べてみて意外だったけど、秘書の求人は結構多い。
普通に就職して、人事の流れで秘書になることが多いのかと勝手に思っていたけど違ったらしい。
何にしても、妹の就職の選択肢が広がったことは間違いない。
社会人になるのが楽しみだ。